有職紋様 -yusoku-– Traditional pattern –

有職紋様とは、平安時代以降公家の装束や調度,輿車などに使われてきた伝統的文様。唐風文化の一部として奈良時代に移入され,平安時代になって和風文化の隆盛とともに変型,固定され,家柄によってそれぞれ特有の文様を使う風習があるようです。金襴正絹織物製造卸商 誉勘商店の30000点を超える絹織物の一部を展示しています。
12
テキストのコピーはできません。