白茶 蜀江錦

柄の解説

蜀江紋とは、古くは、中国の三国時代の「蜀」という国にあった
「蜀江」という河の名前に、由来しています。

「蜀江」は、良質な絹の産地で、豪華な錦織が作られていました。

歴史的には、奈良時代の日本に輸入されたといわれています。

後に、能で使われる衣装の「能装束」や
書画を巻物や軸に仕立てる「表装」などにも用いられ、
名物裂として重宝されました。

誉勘商店では、独自のアレンジを施し
現代的で豪華な織物として、仕上げています。



織り方の特徴

たて糸、よこ糸ともに、やさしいクリーム色を使用。

小さい面積の中に、非常に細かな模様が織り込まれています。
この様に細かな模様を、きれいに織ることが出来るのも、誉勘商店の魅力の一つです。

品 番50180
色 目白茶

株式会社 誉勘商店
〒604-0011
京都市中京区室町通二条上ル冷泉町53
電話番号:075-241-0168
FAX 番号:075-252-3595
営業時間: 午前9時~午後5時
定休日: 土・日曜日・祝祭日

よかったらシェアしてね!