朱 能華紋

柄の解説

能装束にも用いられる唐花(からはな)と鼓(つづみ)をもとにしています。

唐花とは架空の花であり、この文様はかつて中国から渡来しました。

日本では奈良時代より見られ、平安時代から和風の文様として普及しています。

牡丹や蓮などの花がモチーフにされ、中心から四方に花弁を配置した図案が多くなっています。

鼓とは能舞台や歌舞伎などに用いられる日本の伝統的な和楽器のひとつで、手で叩く太鼓を指します。

誉勘商店ではこの伝統的な唐花と鼓の文様に独自のアレンジを加え、より創造的に美しく仕上げています。


織り方の特徴

緞子(どんす)という繻子織。

 縦糸、横糸ともに同じ色を使用。朱色のあでやかさを強調しています。

 柄を織り出す糸は8色を使用し、この絶妙な配色がよりいっそう
糸と柄の輝きを引き立てています。

緞子(どんす)は厚みが出るので、ボリュームを持たせたい織物に最適です。

                          

品 番61126
色 目

株式会社 誉勘商店
〒604-0011
京都市中京区室町通二条上ル冷泉町53
電話番号:075-241-0168
FAX 番号:075-252-3595
営業時間: 午前9時~午後5時
定休日: 土・日曜日・祝祭日

よかったらシェアしてね!