紺 牡丹に柏葉

柄の解説

高貴な花とされる牡丹に柏葉の文様は、武官(軍人)や文官(軍人以外)の履く、
靴の足首部分に使用されている錦の紋様です。

日本に於いてこの役職は大宝律令以降定められ、
身につける束帯や冠も形状が異なっていたとされます。

本来の地色は、朱のものと、緑のものですが、
当社オリジナルの組み合わせで制作いたしました。
誉勘商店が配色をすると、高級感のあるおしゃれなものになります。



織り方の特徴

たて糸は、紺。地色のよこ糸は、少し薄い紺。
濃淡を使用することにより、深みのある紺に仕上がります。
牡丹の部分は、うすい藤色とうすいサーモンピンク。
葉は、水色を使用しています。
金糸を使わない織物は、柔らかくてしなやかです。

品 番180156
色 目紺色

株式会社 誉勘商店
〒604-0011
京都市中京区室町通二条上ル冷泉町53
電話番号:075-241-0168
FAX 番号:075-252-3595
営業時間: 午前9時~午後5時
定休日: 土・日曜日・祝祭日

よかったらシェアしてね!